選び方を学ぶ

たるみは角質から潤いが奪われることで起こります。
年を取ると頬の脂肪が落ちてきてほうれい線が目立ってきたり、目の下がたるんできたり、フェイスラインがぼやけてきたりします。
こうした老化現象を改善できる化粧品は化粧品メーカーから沢山販売されています。
肌の老化に対抗するには、潤い効果がある化粧品をつけて素肌に潤いを与えることが基本になります。
特に年齢を重ねると保湿成分が減少し、角質層が水分不足の状態になります。
しっかりと肌に水溶性の美容成分を与えることで、乾燥を改善でき、乾燥によるしわ予防もできます。
また、潤いを与えるだけではなく、それを逃がさないためにクリームなどを塗って肌をコーティングすることも大事です。
毎日の正しいお手入れで若い頃の素肌に近づくことができます。

目の周りの皮膚は薄くデリケートなのでたるみができやすい場所です。
目の下のたるみをなくす簡単な方法として「ツボ押し」があります。
目の下のたるみに効果があるツボは、目頭と目のすぐ下の骨の上の部分にあります。
目頭や目の下の部分に人差し指を数秒あてるだけでたるみ改善が期待できます。
また目を酷使しないように定期的に目を休める事や、ブルーベリー、レバー、大豆など、目にいい食べ物を積極的に食べることでも目の下のたるみを改善できます。
目の周りのスキンケアをする時間は、お風呂上りがベストです。
お風呂上りは肌細胞が活性化された状態にあり、この時間に目元専用パックなどを使ってスキンケアをすることで目のまわりにハリが出てきます。